無敵の母さん~Are You Happy?

お母さんの最強化を目指します。

忘れていた本当の自分に出会える場所~Twitterワールドいかかでしょ?

こんにちは。無敵の母さんです。

※この「無敵の母さん」はお母さんって無敵だよというメッセージを込めた名前です。決して、私が柔道8段、剣道4段、少林寺拳法7段というものではありません。

 

今日はちょっとぽちぽちつぶやこうかなぁと思います。

 

最近、Twitterを始めて、少しずつみなさんと絡めるようになり「繋がる」ことの楽しさを実感しています。

これってやってみないと分からないものですね。

11月25日に登録したのですが、11月の頭には自分がTwitter始めるなんてこれっぽっちも思ってなかったですから。

どちらかというと、「怖い」「負のオーラ」「集団心理」みたいなイメージ持ってましたから。

でも、ブログ始めよう!家で稼ごう!と決めたので、やっぱりTwitterでの拡散力は味方につけないと・・と考えました。

 

登録して2~3日は恐る恐る。

でも、勇気を出してリツイートしたり、コメントしたりする中で、みなさんが私と同じだったんだって気が付きました。

だって、繰り返し繰り返し、たくさんの人が

「勇気を出して絡んでおいで」「見てるだけじゃTwitterの良さ分からないよ」

って背中押してくれたから。

フォロワー100人までがんばれ!とか1000人までがんばれ!とかね。

 

そうやって、みなさんに絡んでもらいながら、Twitterの楽しさが少しづつ分かるようになってきました。

そんな中、自分の変化に気が付きました。

「私、いつからか忘れてしまっていた自分の言葉を話してる。」

ということに。

そもそも、Twitterは顔も身元も分からないから、素の自分が出せます。

素の自分。

忘れ去っていました。

ほんと、驚いた。

 

私って、本当は、こんなふざけた奴だったんだ!。

f:id:egaogaitiban1109:20181207151921j:plain

※写真はイメージです。無敵の母さんは日本人です。

 

そう、私は子どもの頃、面白いことを言って人を笑わせるのが大好きでした。

あまりにもポンポン冗談が出てくるので、自分は病気かも・・・と真剣に悩んだことがあったのを思い出しました。

反面、独りぼっちでいる子をほっとけなくて遊びに誘ったり、女の子をいじめる男の子を追いかけまわしたり笑。結局戦いに敗れて泣いたりね。

 

それが大人になるにつれ、その自己満足は相手の迷惑なのかも・・・って考えたり、ふざけ過ぎて怒られたり。

更に、言葉選びを間違って相手を怒らせたり、傷つけてしまったり。

そんな経験の積み重ねが、自分の言葉を少しずつ封印するきっかけになったんだろうと思いました。

特に母親になってからは、「お母さんらしいお母さん」でいようとするあまり、自分を大事にしようなんて思いませんでしたから。振り返るとね。

 

だから、Twitterには感謝しかないですね。

特に絡んでくれたたくさんの人たち。

f:id:egaogaitiban1109:20181207152212j:plain

 

そんなあれやこれや。

Twitterやってなかったら気が付けなかった。

自分をそのまま表現することの解放感を忘れたまま死んでくとこだった。ほんとに。

ありがたい。ありがたい。

 

結局、「個性は大事」と言いながら、自分の個性を認めてあげてなかったんですよね。

それがどれほど大事な事か。

教えてくれたのは顔も知らない、身元も知らない、Twitterだけでつながってるたくさんの人たちでした。ほんとに面白い!

 

確かに世の中には、自分を出すことに迷いが無くて、失敗したって笑って挑戦し続けられる、そんな人もたくさんいます。

でも、私のようにどんどん小さくまとまって、窮屈な生き方しかできない人も少なくありません。

どっちの生き方だっていいんです。正しい生き方なんてないんですから。

ただ、自分を封印して息ができなくなってるなら、自分を解放できる場所を持つことは重要ですね。

f:id:egaogaitiban1109:20181207152421j:plain

 

私のようにTwitterでもいいし、ブログでもいい。

ネットサロンでもいいし、Facebookでもいい。

たくさんの人と絡むことで、本当の自分を思い出すきっかけができると思います。

 

アンチなんて気にせず、反対意見が来てもかまわずに、どんどん自分を尖らせていきましょうよ。

いいじゃん。専門知識じゃなくたって。

いいじゃん。文章へたくそでも。

 自分は今、こういう自分なんだから!ってね。

 

ということで、今日はTwitterへの感謝と、私に絡んでくれたたくさんの方たちへのお礼を書きました。

本当にありがとうございます。

ますます、絡ませて頂きます。

&フォロワー様に笑いと元気と安心を届けられるよう日々つぶやいていきます。

どうぞ皆様、今後とも末永くよろしくお願いいたします。

 

最後に、私の秘めた能力を引き出してくれた先生をご紹介します。

 

かなり濃いし、かなり変態なので髪の毛を持っていかれないようにご注意下さい笑。

 

では、また次回~。

 

ネガティブ思考を根っこから覆す~無敵の潜在意識

こんばんは。無敵の母さんです。

まだブログの使い方分かっておりません。

読者とかスターとかも勉強できておりません。

ごめんなさい。

必ず、恩返しするから待っててねm(__)m

 

ということで、今回は自分で散髪したお話。

え?

いらない?

そう?

 

では、今日は突然ですが頭で考えることがいかに現実を変えるかを少しお話。

f:id:egaogaitiban1109:20181205222718j:plain

  

◆心は1分間に150~300語を語る

人の思考と言うものは、1分間に150~300語の割合で、心の中で自分に語りかけています。

例えば

・あ~あんなこと言っちゃった~まずいなぁ

・また上司は機嫌悪いんだろうな

・もうすぐ月末だ~支払いがまた来るよ~

・あいつのあの言葉、絶対許さん!

・帰っても嫁さんまたうるさいんだろうな

・もう!子どもがうるさいうるさいうるさい

などなど

1日の思考の数にすると4万5000個~5万個もの言葉が潜在意識に語り掛けられているそうです。

確かに、何も考えていない時って、そうそう無いですよね。

ゆっくりお風呂に使っている時ですら、なにかしらの考え事はしているのではないでしょうか。

 


 

 

◆一人でいる時の考え事の恐怖

この本の著者C・ジェームス・ジャンセンによると

最も影響力の強い会話は、1人でいるときに自分自身と交わす会話です。

心の声は私たちの自己イメージを作り上げ、今後も作り続ける。

と言っています。

簡単に言うと

自分に一番影響する思考は、一人になった時に考えていること。

では、一人の時に自分自身とする会話とは、どんな過程で生まれてくるのか。

それは

心の声は習慣となった考え方(出来事に対しての受け取り方。癖。)に従って、あなたの心が発しているもので、その考え方はあなたの過去の体験や、あなたが受け継いだ集合的、文化的思考様式によって作り上げられたものです。

 

ちょっと難しい感じを受けますが、要するに、自分を責める、他人を責める、怒る、落ち込む、そんな選択する思考は自分の過去が影響しているということで、また

この声がその人にとって、最悪の敵になることは珍しいことではありません。

多くの人々が、頭の中に自分を苦しめる声を持ち、その声に年中攻撃され、罰せられ、活力を奪われています。

 と続けています。

自分の思考が自分を苦しめ続ける・・・私はとても共感できました。

f:id:egaogaitiban1109:20181205222913j:plain

 

◆心の声を誘導するには

私はある時心理学に興味を持ち、色んな本を読み漁っているときにこの本と出合いました。

心理学に興味を持つ人って、多くは何か悩んだり苦しんだりしている人が多いかと思いますが、私もご多分にもれず子育てに悩み、弱い自分を何とかしたいと思っていました。

 

この本は、そんな私の悩みをぶち壊して潜在意識の使い方を指南してくれました。

大げさに言うと「私、なんにでもなれるじゃあん!」って有頂天にしてくれた恩人ですね。

ほんとに楽になれたんです。

 

とにかく、潜在意識に語り掛けることが大切で

現実を引き起こしたのは、あなたが原因だと信じていることでは無く、あなたの心の中の思考だ 

 とまで書かれているんですね。

f:id:egaogaitiban1109:20181205223035j:plain

 

じゃぁ、潜在意識に語り掛けるとはどうするのか。

①心を見つめ直し、本当は何を望んでいるかを見つけよう。

②自分にも、「成功者のように潜在意識に働きかけ力を解き放つ優れた力がある」と信じよう。

③自分の潜在意識にはあらゆる問題の答えがある。

「私には無理」「僕にはできない」という言葉は使わないようにする。潜在意識は言葉を真に受け、その願いが実現するように必要なお金も能力も手に入らないようにする。

自分にこう言い聞かせよう「潜在意識の力を使えば、私は何でもできる。」

⑨人生の法則=信念の法則=心の中の思考。潜在意識にはあなたを癒し、励まし、勇気づけ、成功させる力があると信じよう。

考え方を変えれば運命を変えられる。

 長くなるので少し省きましたが、ざっくりとは理解して頂けたのではなでしょうか。

多くの成功者が持つ思考と非常に似ていると感じました。

 

「潜在意識」というとなんだかスピリチュアルの世界のようですが、全くそうではなく、脳の働きという観点からの「自己改革」と捉えて頂いたらいいのかなと思います。

f:id:egaogaitiban1109:20181205224925j:plain

◆なぜ潜在意識を信じようと思ったのか

私は常々、「自分が弱いから苦しいんだ。」「自分の心がすさんでるから悲しいんだ。」と思っていました。

でも、それもこれも全部「思考の習慣」のせいだと思えれば、自分を変えて行くことがとても容易いことのように感じました。

自分を信じ込ませる。

ある意味洗脳ですね。

「できる」「なれる」と自分に言い聞かせることは、昔でいう「信念」です。

知ってか知らずか、成功者はみんな自分を信じています。

その信じる力が弱いと、苦しんだり悩んだりするということなんですね。

 

本の一説に

潜在意識は全ての命令を体に下している。

心臓もそう。

顕在意識が眠りについても、心臓が動いているのは潜在意識が指令を出しているから。

潜在意識はその主の命を守るために必死に指令を出し続ける。

なら、その潜在意識に「なりたい自分」を教え込めば、心臓を動かすように、自分の行動をも変えて行くだろう。

とあったんです。

 

無茶苦茶、腑に落ちたんです。

それまでの私は、嫌われまいと気を使って笑顔を作ったり、何か言われると困るから下を向いたり、逆にヒステリックに怒ったり。

いつもそんな自分が嫌いでどうしようもありませんでした。

f:id:egaogaitiban1109:20181205225600j:plain

 

でも確かに、自分に

「なりたい自分。叶えたい未来。」を丁寧に語り掛けてはいませんでした。

辛い、苦しい、悲しい、不安。

そんな思考で24時間頭が埋め尽くされていました。

これじゃぁ、潜在意識もそれを現実化するしかなくなりますね。

全く持って負の連鎖の渦中にいたのです。

 

◆まず習慣を選択する。「怖れ」から来る習慣

毎日知らず知らずに繰り返す習慣。

まずそこに目を向ける必要があるそうです。

何故か。習慣には「怖れ」という感情が作り出した悪い習慣があるからなんです。

①時間恐怖・・時間厳守のパパ

②秩序恐怖・・整理整頓のママ

③活動恐怖・・くつろぐ、休むができない

 「何かしないといけない(例:働かなければクズだ)。そうしないと私の身に嫌なことが振りかかる。」

と考える習慣は、自分を追い込み、責め続け、心を壊してしまうかもしれませんね。

 

毎日の何気なくやっている習慣。

まずそこに視点を当て、一つ一つ見直していくことが、自由な自分を取り戻す第一歩なんですね。

 

そうすることによって

 

・あなたが囚われていた強迫的な思い込みを取り除き、理性的な行動ができるようになる。

・その家庭連鎖を断ち切り、あなたと同じ強迫的行動様式を、子供が受け継ぐのを防ぐことができる

 

これは、母親なら一度は考えたことがあるテーマだと思います。

自分のせいで子どもに生き辛さを感じさせてしまたらどうしよう。って。

実際、うちの長女はとてもしんどい生き方をしています。(沸点が異様に低い)

もっと早く読書をしておけばと後悔しています。

f:id:egaogaitiban1109:20181205230111j:plain

 

◆最後に

という事で

今回は突然、潜在意識のお話をしました。

少しややこしかったかもしれません。

もっと知りたい方は、是非本を読んでみて下さい。とても興味深いですよ。

 

この本には、もっとたくさんの潜在意識を使いこなすノウハウが書かれています。

私は読み終わった時、まさに無敵になっていました。

とても単純なのですぐに洗脳できます笑。もうキャンピングカーで日本中旅してる気分になってましたから。

 

今回、ブログに書こうと思いつき、再度読み返してみて

「ごめん。潜在意識。あなたの有効活用を忘れてたよ。」

と、思考の重要性を思い出すことができました。

良かった良かった。

 

とても有名な本なので読まれた方も多いかと思いますが、もし、悩んだり、辛かったりしたときは、一度読み返してみるのもいいですよ。

無敵になれます!

特に子育てで悩んでおられる方にはお勧めです。

この思考法は、子どもに夢を抱かせ、想像力を高めるのに非常に効果があると思います。

是非、親子で取り組んでみて下さい。

結構楽しいですよ。

ネガティブ発言禁止になりますから笑。

 

では、今日はこのへんで。

f:id:egaogaitiban1109:20181128091729j:plain

 

 

 

 

Youtubeを使ってお母さんが無敵になる方法

 

こんにちは。無敵の母さんです。

土日、さぼりました・・。

ごめんよ、はげちゃん(@prohageitar)。

今日からまじめに頑張る!

f:id:egaogaitiban1109:20181204141448j:plain

※画像はイメージです。母さんは高所恐怖症です。 

 

今回は私無敵の母さんが、洗濯ものを干しながら、茶碗を洗いながら、掃除をしながら、犬の散歩をしながら、お風呂にはいりながら、車を運転しながら、銀行で振り込みをしな・・・もういい?笑

ずっとYoutubeで聞いていた方達の、お母さんの生き方・子育てに役立つお話をご紹介していきます。

 

どの動画も聞いて欲しい!

けど、もし、子どものことで悩んでいるなら、一番最後の立花高校の斎藤校長のお話を聞いて下さい。

「お母さん。変わらんでよかよ~。よかよか。」

「大人はもっと弱くていい!」

もう名言の荒しです。

ではどうぞ。 

ひろゆき「性格いい奴いつか破綻する」

「性格がいいよね」って褒められ方をする人は割と後で損するよ。

人当たり良くて、気前も良くて、頼み事も引き受けてくれるような人は、それができなくなった時に「断られた」っていう今までとは逆の印象で見られてしまう。

忙しくなった、お金が無くなった・・なんていう状況の変化で自分の評価が変わってしまう。なので、常日頃から本音で人間づきあいしましょうね。というお話。 

youtu.be

 

堀江貴文「小中学校全部解体しろ」これからの時代に必要な能力とは?

Amazonの倉庫から読み取れる未来~ホワイトカラーの仕事今すぐ無くなる!?

「AIに仕事を奪われる。子どもたちを守らなきゃ」という記事に対して、ホリエモンは「そんなこと言うなら全ての小中学校を解体しろ」と過激な発言。私はこの物言いが大好きなんですが。

「働かなければ!」の洗脳に憑りつかれた大人に「遊んでいい!」というホリエモンのお話です。私が自分を取り戻せるきっかけをくれた人です。

youtu.be

 

◆Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo~植松電機社長Tedスピーチ

子どもが自信を失ってゾンビ化(思考停止化)していくその原因と解決

下町ロケットのモデルとなった植松電機の植松社長のスピーチ。視聴回数凄いです。

子どもが好奇心や探求心をなくしていくその理由。大人たちにもらった「悔しさ」と「感謝」。植松社長の生い立ちを語りながら、子どもたちが夢を持つ大切さと意味について感動的なスピーチをされています。

私が子どもに心から愛情を向けられるきっかけになったTedです。絶対見て欲しい!ハンカチのご準備を。

youtu.be

 

茂木健一郎尾木ママが日本の教育についてガチトーク

educationとは引き出す。その子の興味関心を引き出しサポートすることが教育。

学校という教育現場に携わり続ける尾木ママだから言える「教師の苦悩」と「国の矛盾」。私個人は「褒める教育」は取ってつけたようで実践はしていませんが、尾木ママの子どもへの愛情は本当に頭が下がります。私も講演会に行って「未来を見据えて教育する」ことの大切さを教えてもらいました。

学校のクラブって本当にいるのかなぁ?ママ必見です。

youtu.be

 

◆10年後、君に仕事はあるのか?~藤原和博が教える「100万人に1人」の存在になるAI時代の働き方

リクルート社員→民間初の公立中学校校長。スマホを授業で使う新感覚の校長先生。子どもが生き残れるためのスキルとは。

リクルートのバリバリ営業マンだった藤原さんの学校改革は有名な話ですが、その中から生み出した「AI時代に通用する人間になるためのノウハウ」が凝縮された動画です。ホリエモンとはまた違ったコツコツ型の生き方。丁寧な時間の使い方。そんな未来につながるお話です。

youtu.be

 

とまぁ、以上5本をご紹介しました。

他にも私が読書と並行して聞いている人たちがいるのですが、それはまたの機会に。

 

私がYoutubeで動画を聴こうと思ったのは、西日本豪雨で床上浸水して、実家に避難したのがきっかけ。

   ~お気に入りの縁側と中庭が泥んこになってたたずむ中坊~

f:id:egaogaitiban1109:20181204142652j:plain

自宅から車で40分ほど離れたところにある実家から、毎日子どものクラブの送迎で2~3回往復する日々。

自分の家で待とうにも、ボランティアさんの手配をするために、まず市役所の職員さんが写真を撮りに来なければ先に進めず、現状のまま放置するしかないので入れず。

いちいち実家と我が家をドライブする日々。

別に明菜やB'zやBumpを絶唱しながらでも良かったんだけど(どんな趣味や笑)、自分を高めたい!勉強したい!と思っていた私にはとても勿体ない時間。

ふと閃いてYoutubeを検索すると、あるはあるは、インフルエンサーや大学教授、評論家に専門家。あらゆる人たちがラジオのように音声だけ配信してる。

もう、その瞬間から無敵になったね笑

スマホとイヤホンさえあれば、本を読むのと同じぐらいの情報が即座に得られる。

こんな便利なことはないじゃないか!と。

(まぁ、読書の方が脳みそにはメリットが大きいらしい)

 

私の今の基盤を作ってくれたのは確かに本なんだけど、それをより深め、広げてくれたのはまぎれもなくYoutubeなんだよね。

これ、使ってないお母さんがいるなら是非利用して。タダだし。

きっとあなたの子どもは無敵になる!

 

最後に一つ。

泣けるやつ。

◆立花高校 斎藤校長講演1~不登校専門高校の泣いて笑えるすんごいスピーチ

youtu.be

全部で4本あるんですが、これは1本目です。

視聴回数が少ないのは本当にもったいない!こんな先生が育つ社会にしなければなりませんね。

是非、全部見て欲しいのですが、特に見て欲しいのは4本目。1本目にクイズで出された写真の正体が分かります。

もう、驚きの正解。そしてその意味。また、泣きました笑

 

ではまた次回~。

 

 

あなたの子どもは授業中居眠りをしますか?

こんにちは。頭痛がひどい無敵の母さんです。

寝ると言っておきながら、やっぱり時間がもったいなくてPCに向かってます。

もう人生折り返しちゃったからさ笑。

 

今回は子供の授業中の居眠りについて書いていきます。

 

  

◆あなたの子どもが授業中居眠りをしているのを知ったらどう感じますか?

実は、うちの子はみんな授業中に居眠りしていました。

教科書立てて隠れたつもりになって寝たり、ほうづえ付いてるように見せかけて寝てるとか色々話してました。

かくいうわたくしめも、机の上に両手の肘を置いて顔を支え、教科書をいい位置にセッティングして読んでる風に寝てました。

f:id:egaogaitiban1109:20181201121345j:plain

先生には失礼な話ですけどね。

 

もし、あなたのお子さんが授業中居眠りしてると聞いたらどう子どもに言いますか?

「先生に失礼でしょ!」

「授業に集中してないからでしょ!」

「今晩から8時には布団に入りなさい!」

「ばれてないなら、まぁいっか。」

「そんなに授業が面白くない?」

「昼からは全部実技の授業にすればいいのに。」

まぁ、様々な反応がありますよね。

 

◆授業中に寝る子寝ない子

子どもにはそれぞれ個性があって、ひとくくりに寝るからどう、寝ないからどうと言えるものではありません。

よくあるのが、怖い先生の授業や面白い先生の授業は寝ないけど、怒らない先生や面白くない先生の授業は寝る・・・なんていうのは致し方ないもんだとも思います。

 

ただ、一つ、大変興味深い内容の本を見つけたのでご紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕のこころを病名で呼ばないで (精神科外来シリーズ) [ 青木省三 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/12/1時点)

楽天で購入

 

青木省三さん1952年生まれの精神科医で、公益財団法人慈圭会精神医学研究所所長・川崎医科大学名誉教授をされています。

著書も多く出版されていますね。

この本は、実際に思春期外来の現場で子どもたちと向き合う中で、子供たちと向き合い傾聴し治療に専念されたそのままが、分かりやすい言葉で解説されています。

その中で青木さんは

 

睡眠と食事は非常に大事とされた上で

授業中に寝る子=リラックスしている

授業中に寝ない子=人が気になる、視線を意識する、自分の事を言っているか気になる

 という分類をされています。

更に興味深いのは、

病院に来る子はほとんど授業中に居眠りしない

と分析されている点です。

確かに、思春期外来に来る子供たちは、症状が重くなってからの状態なので、他の子供達全員に適用されるかは疑問ですが、一つの子どもの判断材料として頭の隅に置いておくのもいいかと思います。

f:id:egaogaitiban1109:20181201140651j:plain

◆思春期での挫折

その本には他にも思春期での挫折を乗り越えるためのアドバイスが書かれています。

学童期の最も重要な課題は「負ける悔しさ」を経験すること

子供たちが学童期、要するに小学校でどのような体験をするかが、中学生、高校生と成長していく思春期に大きく影響すると言われています。

思春期で挫折を味わった時、もう一度頑張ろうと思えるには、小学生の時の遊びの中で勝ち負けを体験し、負ける悔しさを味わうことによって、打たれ強さや粘り強さを体験しておくことが必要。

f:id:egaogaitiban1109:20181201140956j:plain

なので、悩める思春期を粘り強く乗り越えさせるために、親は「傷つかないように、悲しまないように。」と先回りをして、子供の経験を奪うことをしてはいけないんですね。

確かに、子供が負けたり、仲間外れにあったりすると親は我が事以上に苦しいものです。

でもそこで右往左往せず、信じて見守ってやることこそ子どもの生きる力につながっていくんですね。

なので、過保護はいいけど過干渉は絶対ダメということです。

 

◆親の思いと子供の成長

最後にその本で一番好きな文章をご紹介します。

ほどよい母親=ほどよい愛情

Good enough moter 

子どもはいくらかの不足と不自由があった方が成長する

親は子供が悲しい思いや我慢をしなくてもいいようにと、できる限りのことをしてやろうと思います。

学用品はもちろん、洋服や玩具、お出かけや旅行。

家庭によって様々ではありますが、それが親の愛情でもあると私は思います。

ただ、もう少し考えれば、そうすることで子どもにどういう影響を与えるかを考える親と考えない親では、子供の成長に大きな差をつけることになってしまいます。

親は自己満足で子育てをしてはいけません。

子どもには子どもの人生がありますからね。

この子にとってよりよい環境とはどういうものか。

そこに想像力を働かせ、独りよがりではない子育てができるようにならなければいけないんですよね。

f:id:egaogaitiban1109:20181201141022j:plain

なのでどういう読書は非常におすすめですよ。

 

◆最後に

今回は青木省三さんの本を検証してみました。

是非、興味のある方は読んでみて欲しいと思います。

 

なお、私の頭はまだ少し痛いですが、ましになってきました。

やっぱり人間は好きな事ならのめり込めるもんですね笑。 

 

今日は土曜日。

私は相変わらずお出かけの予定はありません。

家が大好きです笑。

では、また次回にお会いしましょう。

 

頭痛いの・・・。でも自己満したいの。

こんにちは。無敵の母さんです。
Twitter始めて4日目?5日目?笑。

面白くて憑りつかれてます。

いや別に家事も子どももほっといてやってるわけじゃないよ。そこはちゃんと押さえてます笑。

 

フォロワーさんも100人超えて、ツイート上げると反応あって、色んな人とつながって、ほんと楽しい。

実は少し前もやってたんだけど、アンチっていうのかな?ダイレクトメールで嫌がらせする人がいて一旦アカウント削除したんだよね。

今から思うと無視してブロックして取り合わなければ良かったんだよね~。

分からないからむっちゃ怖かった笑。

 

今のところアンチも来てないし、師匠も見つけたし、応援したい人もできたし快調な滑り出しかな~

 

と、つらつらと意味のないしゃべりをしてますが、実は今日、頭痛いんだよね。

不調・・・。

多分、PCとスマホのし過ぎだよね。

f:id:egaogaitiban1109:20181201115007j:plain

え?!

もう昼前なの?!

あ~なんもしてない。

もうすぐクラブから子供帰ってくるよ~。

 

もう寝よ。

ってことで、なんもしてない報告のお知らせでした笑。

頭いて・・・。

では、また次回ね。

心に響く『無敵の母さん』流子どもとの問答~1

こんにちは。無敵の母さんです。

はじめましての方はこちらから読んで頂けると嬉しいです。

 

joynus01.hatenadiary.com

色々書いてましたが、ちょっと趣旨変更!

今日から『無敵の母さん元気が出る出る一言アドバイス』を連載していこうと思います。

どうぞ、よろしく。

今回はお母さんがよく抱える子育ての不安。

それを検証していきましょう。

 

◆子供の問題行動~それって問題?

 

・友達とよくケンカする→みんな仲良くは軍隊的思考で今は時代遅れ。変人が成功する時代なのでケンカぐらいは可愛いもんです。

 

・ずっとYouTube見てる→自分で決定して行動してるので素晴らしい!将来は映像アーティストかもしれないので、没頭させておきましょう。

f:id:egaogaitiban1109:20181130153036j:plain

 

・勉強が嫌い→勉強できても食べていける世の中ではありません。ゲーム好きの方が可能性は広がります。PCを与えましょう。

 

・本を読まない→まずは親から読みましょう。え?読んでる?じゃぁ、目の前で楽しそうに読みましょう。「まじで~!ほほ~。」と。うるさがられても次の日もやりましょう。「本は面白い」という観念ができればそれでOK。あ、マジ切れされたらごめんなさい。

 

・おとなしすぎる→たまに見つめましょう。見つめてにやにやしましょう。気持ち悪がられたら「きゃっわいい♪」と言ってその場を離れましょう。毎日やりましょう。なんの問題もありません。

f:id:egaogaitiban1109:20181130153313j:plain

 

・反抗的→「うるさい!」の場合「うるさいって五月のハエって書くんだよ。」

     「わかったって!」の場合「それ、英語でOh! I seeって言うんだよ。」

     「しつこい!」の場合「しつこいと言えばお母さんの便秘しつこくて。」

     「むかつく!」の場合「だよね~。そういう時はキャベジンね。ハイ。」

      ※ちゃんとキャベジンを用意しておく。

 

・好き嫌いが激しい→Noと言える日本にするために大変重要な人材です。

          そのまま育ててあげましょう。

f:id:egaogaitiban1109:20181130153436p:plain

 

いかがでしたか?

ふざけとんのか!とお叱りをうけそうですが、私は至って真面目です。

余裕のない親には、余裕のない子どもが育ちます。

遊び心のある親には、子供にも遊び心が生まれます。

きっと関係改善にお役に立てると思います。

 

では、また次回にお会いしましょう♪

f:id:egaogaitiban1109:20181128091729j:plain

  

イチゴが20個あります。子供二人と分け合う時あなたの取り分は?

こんにちは。無敵の母さんです。

今日は朝は暖かかったんですが、だんだんと冷え込んできたみたい。

うちは京都府の片田舎、もっと言うと限界集落

底冷えがハンパないんですよね。怖い怖い。

その第一波として、昨日電気代の請求書がやってきました。

金額は17,816円。先月は8,000円程度だったのに・・・。

石油ストーブとお風呂の灯油もいるし(お風呂も灯油)、ガス代もかかるし、一年で一番光熱費がかさむシーズン。

f:id:egaogaitiban1109:20181129111915j:plain

しかも年末年始あるしね~。

ま、夏が涼しいから良しとしよう!

 

ということで、今日は昨日に引き続きお母さんの『自己犠牲』のお話します。

 

◆ここにイチゴがあります。あなたの取り分は?

f:id:egaogaitiban1109:20181129112407j:plain

以前、友達と話しているときに食べ物を子供とどんな風に分けるかで盛り上がったことがあります。

 

子供は2人。そして自分の合計3人。

いちごは20個とした場合、20÷3=6…2

1人当たり6個づつで2個余り。

とまぁこうなりますよね。

 

で、私は残った2個は当然子供に振り分けると言ったんですね。

そしたら彼女は

「え~、無理~。いちご好きだもん。そもそも子供は若いんだからいいんだよ。ビタミンとらなきゃいけないのはおばさんだよ~。」

と言い放ったのです。

更に、彼女はお肉がとても好き。特にステーキに目がありません。

「ま、調理する人間の特権ってことで、一番大きいのは私が頂く!」

とも言ったんですね。

 

その時、私が感じたのは「ちょっとした劣等感」でした。

なぜ劣等感をもったのか。

それは彼女が「自分を大切にして生きている」ことに対して、私は「母親だから自己犠牲は当たりまえ」という卑屈な生き方をしていたことが分かったからです。

 

◆なぜ、子供と等分できないのか

確かに昔の母親は家族に尽くして当たりまえ、自分がぼろを着てても子供にはいい服を着せてやるみたいなイメージがありました。

実際私の母親はその典型のような女性でした。(いや、今も生きてますが笑)

遊ぶために借金を繰り返すような父親に、文句ひとつ言わず連れ添い、父親が死ぬまで世話をし続けたザ・昭和の女です。

f:id:egaogaitiban1109:20181129114332j:plain

その親への反感もあり、私は高校卒業と同時に東京へ行ったんですけどね。

 

そんな母親を見て育ったせいで、いざ自分が母親になった時に「同じようにしなければいけない」という先入観があったのでしょうね。

自分が食べたくても、子供に優先して分けてあげる。

何なら自分は食べずに子供にあげる。

結局、そんな自分に酔ってたのかもしれませんね。

自己犠牲の見本のような母親でした。

食べたいなら食べればいいし、足りないなら買ってくればいいんですよ笑。

 

◆「親」という着ぐるみ

「母親とは」という先入観があると、お母さんは自由に生きられません。

そこに縛られてしまうから。

「欲しい」「いらない」「好き」「嫌い」

色んな好みや価値観があって当然なんです。

彼女が子供と同じ立ち位置で、自分を数に入れてしまえるという生き方は、彼女の人生観だと思います。

自分を大切に生きる。

純粋に自分の声を聞き、その声に正直に生きているんですね。

人は親になるとどうしても、「親」という着ぐるみを着込んでしまいます。

昔はそれでも良かったかもしれませんが、今はそんな着ぐるみを来ていると自分ばかりか子供まで息苦しくなってしまいます。

彼女は、子供を産んでも「親」という着ぐるみは着なかったんですね。

まぁ、確かに、私と同い年ですが、いつも花をしょって歩いてるようなおばさんですから笑。

f:id:egaogaitiban1109:20181129131059j:plain


 

◆結局どっちでもいい

という、まぁ、不器用な私と自由に生きる友達の話をしました。

結局、単純にその場を楽しめる生き方の方が、結果としてうまく回ってるような気がします。

一番ダメなのは、「あ~私ってダメだぁ~。」と思う事。

自己犠牲に自己否定まで入ってはどんどん暗くなってしまいますからね。

「親」という着ぐるみを脱いでみて、それでも子供にイチゴをあげたいのならそれは自分の価値観ですし、反対に、やっぱりイチゴは等分!と思うならそれも全然ありなんですよね。

大切なのは洗脳された「母親像」が脳みそにこびりついていないかどうか。

本当の自分を押し殺して子育てしていないかどうかです。

それを確かめるには読書が一番手っ取り早いです。

多くの情報を浴びると、自分自身が際立ちますしね。

 

さてさて、着ぐるみを脱いだあなたはどんなお母さんなんでしょうね。

とても楽しみじゃないですか?

一人の人間として子供の前に立った時、ワクワクが広がることが実感できると思います。

もう、イチゴを我慢しなくていいですよ笑。

では今回はこの辺で。 

買い物をすると現金が戻ってくる♪【monoka】